厨房から

バランスのいいとき、よく飛ぶ

熱い溜息

071029_0840~01.jpg


あーまったく。オレの部屋の・・・あれがよくわかんねぇ!

コンセプト?

そう、コンセプト。


狭い空間の元、ヤンキーとレーサーと土木作業員とジャパニーズヒップホップが同居する空気を作りあげていたのだが、部屋が広くなった天は、コタツを持ち込み、そこを「居間」であることを甘受した。

それは、彼の望みでもあったのだが、「居間」となるべき場所は本来は母親の部屋であり、中一の次男の所ではなかったはず。
うちには厨房の他、居間と呼べるようなみんなが集まれる場所はなかった。私はそれに、罪悪感があったのだが、心の広い天はそれを自然にやってくれた。

この人は、我が家にとって、父親的な存在なのかもしれないと、思った。私は、彼らの・・・きっと「妹」なんだろう。
頼りない母親は、「妹」になる・・・と私は感じる。



てなわけで、私は一人自室で「善き人のためのソナタ」を観る。
東ドイツの、あの空気は、どこか懐かしく、嫌いではないなと思った。

砂漠の下にある、美しい水を思った。



強さ。 って、きっとこういうこと!


スポンサーサイト
  1. 2007/10/31(水) 07:24:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<両刃のカテゴライズ | ホーム | 採り残された葡萄の前で>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ginreiso.blog88.fc2.com/tb.php/188-128b41d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぎんれい荘

Author:ぎんれい荘
ペット可

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

BLUE TICK

リンク

このブログをリンクに追加する