厨房から

バランスのいいとき、よく飛ぶ

水と石と御飯粒と

今朝、雪がちらついてた。

毎日寒い。

家族構成員それぞれが、それぞれの部屋のカスタマイズに夢中になっていた。

私は朽ちた平べったい木を拾ってきて、小枝で棚受けを作り、小さな棚を手作りした。

タニシは生きている。

ロイが言う。

君は、体が末端まで温まって、そこにやわらかいものがあれば、何処ででも、いつまでも寝るね。

そのかわり、体が冷えて、堅いところでは、何処でも、いつまでも寝ないね。

ジョニーが言う。

温かいと眠り、寒いと考えてしまうんだ。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/18(日) 09:43:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<徐々にそして唐突に・・・ | ホーム | 天使に見えた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ginreiso.blog88.fc2.com/tb.php/204-9dd4beab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぎんれい荘

Author:ぎんれい荘
ペット可

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

BLUE TICK

リンク

このブログをリンクに追加する